ハードロックとへヴィメタルのバラード曲を紹介するサイトです

Scorpions - Wind Of Change

助ボンのパパ

Wind of Change(ウィンド・オブ・チェンジ )はスコーピオンズが1990年にリリースしたアルバム『クレイジー・ワールド』に収録されたバラード曲。モスクワを訪問した際に受けたインスピレーションを感じて作られた曲だそうです。発売された当初はセールス的には不発でしたが、1991年にソ連政府首脳たちの起こしたクーデターが失敗した直後からドイツを中心にヨーロッパ各国でヒット。最終的には世界に広がり全米4位。イギリスでは全英2位を記録しています。またドイツ本国では累計約600万枚も売れる大ヒットになっています。イントロのクラウス・マイネによる哀愁漂う口笛や、マティアス・ヤプスの綺麗なギターが聴いていて心地よいですね。もちろんルドルフ・シェンカーのギターソロもかっこいいです。曲全体としては盛り上がりも少なく、どちらかと言えば大人しい印象ですが、聴いていると何だか優しい気持ちになれるそんな曲になっています。

アーティスト名
曲名
Wind Of Change(ウィンド・オブ・チェンジ)
アルバム
Crazy World(クレイジー・ワールド)
リリース
ジャンル
ハードロック ,
タグ
, , ,
視聴回数
265回
出身国



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です