ハードロックとへヴィメタルのバラード曲を紹介するサイトです

Skagarack - Facing The Truth

助ボンのパパ

Skagarack (スカガラック)は、ボーカルの「トーベン・シュミット」を中心に結成されたデンマーク出身の5人組のメロディアスハードバンド。キーボードを含む彼らのサウンドは、ジャーニーやボンジョヴィ、ラヴァーボーイなどを思わせるアメリカ的なサウンドをベースとし、そこに透明感のある北欧テイストをミックスしたような楽曲が中心となっています。ただ、あまりにもキャッチーな楽曲が多いため、過去に雑誌BURRN!では、「砂糖のロック」などと酷評されてしまったほど。そんな彼らの"Facing The Truth"は、1988年にリリースしたセカンドアルバム『Hungry For a Game』に収録されたバラード曲。彼ららしくキャッチーなメロディと、美しいピアノの伴奏が綺麗ですね。また盛り上がり部分の歪んだギターサウンドやエモーショナルなギターソロ、そしてボーカルのトーベン・シュミットの甘く透き通るような声がカッコいいバラード曲になっています。

アーティスト名
曲名
Facing The Truth(フェイシング・ザ・トゥルース)
アルバム
Hungry For a Game(ハングリー・フォー・ア・ゲーム)
リリース
ジャンル
ハードロック , ,
タグ
,
視聴回数
138回
出身国



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です