ハードロックとへヴィメタルのバラード曲を紹介するサイトです

Quiet Riot - Winners Take All

助ボンのパパ

Winners Take All(ウィナー・テイク・オール)は、あの故ランディ・ローズが在籍したバンドとして知られているクワイエット・ライオットが、1984年にリリースしたアルバム『Condition Critical』に収録されたバラード曲です。ランディーローズに捧げられた名曲"サンダーバード"とは一味違ったバラードになっていますね。悲し気なギターのアルペジオやケヴィン・ダブロウのハートフルなボーカルがとてもカッコ良い楽曲で、タイトルの「Winners Take All」は翻訳すると「勝ったものがすべてを持っていく」という意味で、自分たちの成功を歌っているかのような歌詞になっています。実際にケヴィン・ダブロウはバンドの人気が上がるにつれインタビューや私生活で偉ぶった言動をするようになっていったと言われています。残念ながら2007年に52歳という若かさで亡くなりましたが、彼の太くて力強いボーカルは間違いなく一級品でしたね。

アーティスト名
曲名
Winners Take All(ウィナー・テイク・オール)
アルバム
Condition Critical(コンディション・クリティカル)
リリース
ジャンル
へヴィメタル , ,
タグ
, ,
視聴回数
44回
出身国



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です