ハードロックとへヴィメタルのバラード曲を紹介するサイトです

TNT - End Of The Line

助ボンのパパ

"End Of The Line(エンド・オブ・ザ・ライン)"は、ノルウェー出身のTNTが1989年にリリースしたアルバム『Intuition』に収録されたバラード曲です。ピアノを中心とした幻想的な雰囲気が漂っており、とにかく美しいという表現がピッタリな楽曲ですね。トニー・ハーネルのハイトーンで伸びのある歌声も素晴らしいですし、聖歌のようなコーラスも重厚でとても綺麗です。またグリーグの名曲「ソルヴェイクの歌」をアレンジしたロニー・ル・テクロ(g)の弾くギターソロもセンスがあって良いですね。全体的に北欧らしい透明感とTNTらしさが前面に出た美しいバラードで、彼らの代表曲"Lionheart(ライオンハート)"と同様オススメの一曲です。

アーティスト名
曲名
End Of The Line(エンド・オブ・ザ・ライン)
アルバム
Intuition(インツゥーイッション)
リリース
ジャンル
ハードロック ,
タグ
, , ,
視聴回数
101回
出身国



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です