ハードロックとへヴィメタルのバラード曲を紹介するサイトです

Linkin Park - Numb

助ボンのパパ

"Numb(ナム)"は、アメリカ合衆国のオルタナティブ・ロックバンド「リンキン・パーク」が、2003年にリリースした2ndアルバム『Meteora』のラストに収録されたバラード曲です。絶妙に絡むラップと美しいピアノが印象的な楽曲で、アルバムの最後を飾るに相応しい名曲になっています。徹底的に研ぎ澄まされたメロディーはリンキン・パークらしく、彼らのソングライティング能力の高さを十二分に感じさせてくれます。またチェスター・ベニントン(vo)のエモーショナルなボーカルには聴いていて感情を揺さぶられますし、今回は控えめですが、マイク・シノダのラップもカッコイイですね。商業的には全米で11位、全英で14位を記録。ビルボードのホット・モダン・ロック・トラックスチャートでは何と12週連続で1位を獲得しています。元プロ野球選手の新庄剛志や総合格闘家の水垣偉弥など、入場曲として起用されることも多々あり、"Numb"は間違いなく「リンキン・パーク」を代表する名バラードでしょう。正直、リンキン・パーク史上最高傑作の曲といっても過言ではないですね。

アーティスト名
曲名
Numb(ナム)
アルバム
Meteora(メテオラ)
リリース
ジャンル
オルタナティブメタル
タグ
, , , ,
視聴回数
90回
出身国



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です