ハードロックとへヴィメタルのバラード曲を紹介するサイトです

Iron Maiden - Wasting Love

助ボンのパパ

Wasting Love(ウェイスティング・ラヴ)は、アイアン・メイデンが1992年にリリースした9枚目のスタジオアルバム『フィア・オブ・ザ・ダーク』に収録されたバラード曲。ブルース・ディッキンソン(vo)とヤニック・ガーズ(g)の共作で、アイアン・メイデンとしては珍しい甘いストレートなラブソングになっています。イントロのデイヴ・マーレイとヤニック・ガーズによるツインギターがとくに印象的で、この哀愁あるハーモニーを聴くだけで何とも物悲しい雰囲気を感じてしまいますね。またサビで歌うブルース・ディッキンソンのエモーショナルに歌い上げるところもGOODです。そして忘れてはならないのが、ヤニック・ガースによるギターソロ。オーソドックスですが、サウンド、フレーズともに良く、メチャクチャ格好良いギターソロになっています。まぁ全体的に曲を通してシンプルですが、これぞメタルバラードの傑作といっても過言ではないでしょう。

アーティスト名
曲名
Wasting Love(ウェイスティング・ラヴ)
アルバム
Fear Of The Dark(フィア・オブ・ザ・ダーク)
リリース
ジャンル
へヴィメタル ,
タグ
, , ,
視聴回数
375回
出身国



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です