ハードロックとへヴィメタルのバラード曲を紹介するサイトです

Gary Hughes - It Must Be Love

助ボンのパパ

イギリスのメロディアス・ハードロック・バンドであるTEN。そのボーカリストとして活躍するイギリスのマンチェスター出身のGARY HUGHES(ゲイリー・ヒューズ)。彼は幼いときから音楽の才能を発揮し、地元マンチェスターの王立ノーザン音楽大で音楽の理論とセンスを磨いた音楽家です。"IT MUST BE LOVE"は、そんな彼がTENを結成する以前に発表したソロデビューアルバム『ゲイリー・ヒューズ』に収録されたバラード曲。TEN同様にメロディアスでキャッチーな楽曲はもちろんで、ゲイリー・ヒューズの落ち着きと色気のある歌声が、この曲の良さを引き立ててくれますね。これぞ大人のバラードと言えるのではないでしょうか。

アーティスト名
曲名
IT MUST BE LOVE(イット・マスト・ビー・ラヴ)
アルバム
Gary Hughes(ゲイリー・ヒューズ)
リリース
ジャンル
ハードロック ,
タグ
視聴回数
175回
出身国



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です