ハードロックとへヴィメタルのバラード曲を紹介するサイトです

Honeymoon Suite - What Does It Take

助ボンのパパ

Honeymoon Suite (ハネムーンスイート)は、1981年にカナダのオンタリオで結成された5人組のハードロックバンド。1984年にデビューを果たし、キーボードをふんだんに取り入れたポップでキャッチ-な楽曲は、当時のメロディックハードロック全盛のカナダでは大変な人気を博しました。またプロデューサーには、あのボン・ジョヴィの『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』やエアロスミスの『パーマネント・ヴァケイション』、ヴァン・ヘイレンの『バランス』などを手掛けたブルース・フェアバーンを起用しています。そんな彼らの"What Does It Take"は、1985年にリリースされたセカンドアルバム『THE BIG PRIZE』に収録されたバラード曲。全体的にさわやかな楽曲で、イントロの豊かに彩るキーボード、サビの透明度抜群のコーラスワークが聴いていてホントに心を落ち着かせてくれます。商業的には全米で52位を記録。彼らの中では全米37位の"Feel It Again"の次に売れた楽曲になっています。

アーティスト名
曲名
What Does It Take(ホワット・ダズ・イット・テイク)
アルバム
THE BIG PRIZE(ザ・ビッグ・プライズ)
リリース
ジャンル
ハードロック ,
タグ
, , , ,
視聴回数
151回
出身国



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です