ハードロックとへヴィメタルのバラード曲を紹介するサイトです

Alcatrazz - Hiroshima mon amour

助ボンのパパ

Alcatrazz(アルカトラス)は、1983年に元レインボーのグラハム・ボネット(vo)を中心に、元ニュー・イングランドのゲイリー・シェア(b)、ジミー・ウォルドー(key)、アリス・クーパー・バンドのヤン・ウヴェナ(dr)、そして当時まだ無名だったスウェーデン出身の速弾きギタリストであるイングヴェイ・マルムスティーン(g)らによって結成されたへヴィメタル・バンドです。中期レインボーのようなポップさと、イングヴェイの様式美が融合した音楽性が特徴です。そんな彼らの"Hiroshima mon amour"は、1983年にリリースしたデビュー・アルバム『ノー・パロール・フロム・ロックン・ロール』に収録されたバラード曲。イントロの速弾き且つメロディアスなギターに正直やられといった感じです。ギターソロのクラシカルで綺麗なフレーズも、さすがは王者イングヴェイですね。もちろんグラハムの熱いヴォーカルも最高です。とくに最後の「ヒロシィィィィーーーーマーッッ」の絶叫には体中がしびれましたね。やはりこの楽曲を名曲にしているのは、名ヴォーカリストのグラハム・ボネットがいるからでしょう。

アーティスト名
曲名
Hiroshima mon amour(ヒロシマ・モナ・ムール)
アルバム
No Parole from Rock `n' Rol(ノー・パロール・フロム・ロックン・ロール)
リリース
ジャンル
へヴィメタル ,
タグ
, , ,
視聴回数
165回
出身国



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です